スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米菜食の効用を有効に 

玄米菜食はカラダにいいらしい。セレブのダイエット法などでも紹介されている注目の玄米菜食を取り入れる前に、 あなた自身の身体をもう一度チェック。


cook玄米の持っている優れた特徴として、重金属類を排出していくことができます。それは種子類が子孫を残すために周囲の雑菌を寄せ付けないために持っている物質の一部です。現在判っている成分で、フィチン酸があります。玄米も種子ですから、発芽する前の玄米には、フィチン酸が残っているのです。

フィチン酸は体内の元素と反応して消化吸収できない物質に変化して、体外に排出してくれます。しかし、からだにとって必要な鉄、カルシウムなどの元素(ミネラル)とも反応して排出しますから玄米菜食の初期段階、長期にわたる厳しい玄米菜食で貧血、歯周病、骨折などの症状が起きることがあります。これはひじきの献立でカバーできます。

フィチジン酸は、自然界に広く存在して植物の成長を調節する植物ホルモンの一種で、花や葉などの器官脱離、種子や芽の休眠、気孔の閉鎖、作物の耐寒性向上など、広範囲な生理活性作用が着目されています。しかし、この植物ホルモンが人の細胞内のミトコンドリアの働きに微妙な影響を及ぼすのです。
genki特に、「冷え症」で胃部、下腹部が冷たくなり、手足がむくみ冷えている人に見られ胃腸が弱くて消化吸収力が弱い人に起きる玄米消化不良で、下痢症状、便秘、貧血、不眠、疲労感などが感じられることです。このような場合は、五分搗き米を主食にして、まず、良質の澱粉質を補給するよう工夫してください。

逆に、陽性体質で、胃腸が丈夫な人は、玄米菜食を自分の体調に合わせて取り入れてより健康で元気の人もいます。自分は消化吸収力が高いのかどうかの基準は、排泄物の観察で判断できます。

胃腸が弱い人は、腸内常在菌が減少していて、消化吸収ができないために、脳内の内臓担当の内臓脳が働かないので集中力の欠如などがおきてきます。特に、赤ちゃんと老人は消化吸収力が低いので、玄米菜食を取り入れていくには、さまざまな工夫が必要になります。
続きを読む
スポンサーサイト

インフルエンザの手当て法 

インフルエンザが流行しています。相談室によせられたケースでは断食療法が功を奏しました。 風邪はいのちを守る一種の排毒作用です。年に2~3回風邪を引いて排毒しておきましょう。



原因と対策でしっかり治そう
sick「寒さと乾燥」二つの条件が揃った厳寒の毎日が続き、インフルエンザ・ウィルスの活動が活発になっています。先日20代のお嬢さんが、急性の発熱で39度7分の高熱でダウンしました。

僅か一日でこのような高熱を出すと、普段低体温の方は大変からだが消耗します。だいたい呼吸器が冒されるときは以下のような条件が考えられます。

原因
  1. 油脂類、特に乳製品を多く摂取した

  2. 外食で大食いし、極陽・極陰の食材を摂取した

  3. 基本食が守られず、主食が入っていない

  4. 深酒で深夜まで外出していて、睡眠(免疫力を高める時間)時間が確保できない

  5. 食事その他で摂取した添加物が多く、複雑な反応が多い

  6. 低体温症の人には便秘・下痢症状が多く見られる


症状
  • 上半身が熱くて下半身は逆に冷たい(冷え症の特徴)

  • からだじゅうが痛い、関節痛がみられる

  • 余分なものを吐けない、(自己を守る機能が失われている)

  • 普段塩気が不足している(果物、生野菜の過食)


高熱対策の手当て法


今年のインフルエンザは、3種類蔓延しているそうです。


  1. A香港型

  2. B香港型

  3. Aソ連型


このように複数の型のインフルエンザが流行していると、罹患してその一つに免疫ができても他の型に対しては免疫がありませんので、油断していると何回も罹患して体力を
消耗することになりかねません。
気をつけていきましょう。


外出して帰ってきたら、うがい、手洗いは当たり前ですが、からだの内面のケアーの方に、もっと気を使っていきましょう。
風邪には排毒作用があるので健康のために利用するといった考え方もありますが、インフルエンザは罹患しないようにしましょう。




普段から注意すること
  1. 小食

  2. 早寝早起き

  3. 外食をできるだけ続けないように(油脂類、動物たんぱく質、添加物が多いので注意)

  4. 蚕虫夏草海の馨エルカルシウムをふだんから飲用しておく


手当て法
  1. 足が冷たくて上半身が熱い場合が多いので足を温める緊急の場合は、使い捨てカイロを使用して温める。安全なフィットアンポをご利用下さい。

    低温やけどに注意してください。

  2. 高熱を下げるには、座薬などで急激に下ろさないことです。心臓に負担がかかって危険です。

    キャベツを頭、首、額などにあてて、徐々に下げてください。
    氷枕は肩が冷えますので避けましょう。

  3. 体力がない人は、第一大根湯の服用は避けてください。

  4. 徐々に下げていくには、飲み物はりんごジュースです。

    便秘の場合が多いですから、りんごのすりおろしをそのまま食べさせてください。
    (量は1/4~1/2くらい)

  5. 熱がある場合は、塩気とでんぷん質などのカロリーの高いもの、酸化食品は避けます。
    無理に食べさせると吐き気に襲われて咽喉に詰まったら危険です。

  6. 発汗作用が徐々におきてきますが、熱が上昇中は水分補給が必要です。自然水を常温で飲ませてください。

  7. 精神が安定するように背中をさすったり、励ましたりして、眠りを誘い、排便が起きるようにしてください。

  8. 40度以上の高熱が3日以上続くときは、医師の診察を受けるようにしてください。
    1~7までの手当てをしていれば、必ず排便、発汗をして、体温は下がります。

  9. 体温が平熱に下がったら、味噌おじや、本くずを使った葛湯などを与えてください。

  10. 蓮根料理、プロポリスの飲用を併用してください。


注意:自然なカタチの断食状態から、の回復食は、固形のものは避けてください。

手当て法・飲み物でお手当て 

からだの痛み、不快感を簡単な方法でとりのぞく手当て法。手当て法を行うときのポイントと処方をまとめました。


知っておきたいからだのケア

drinkからだの痛みは、気血の滞りによって起きます。元気のないとき、天候の悪いときに起きます。血液内ではリンパ球が多くなって免疫力を活性化するために体勢を整えています。

このような時にからだの中の血液のphを測ってみると酸化して血液がだんご状になって塊ができてしまいます。そのために、血液が末端にまでたどり着きませんから、さまざまな不快感に襲われます。

しかし、簡単な方法でこの不快感を解消できます。それが手当て法(お手当て)です。


手当て法の基本的な考え方

  1. 手当て法の基本的な考え方は、この酸化した血液を皮膚を通して、強アルカリの野菜や、野草などで直接吸い出してしまうことを考えて施術していきます。
    • 強アルカリ性の生姜やサトイモなどで、酸化した血液を吸いだしていく
    • 生姜シップ
    • 里芋湿布
    • 長ネギの咽喉湿布
    • 薬草を患部に砕いて貼り付けて酸化した血液を吸いだしていく
  2. 指先の刺激で血流を促す
    • 薬指以外の4本の指先の爪の生え際を強く刺激する
    • 指先から血液を少量抜いて血流を促す方法(刺絡)
続きを読む

慢性疲労 

あなたは疲れていませんか?
その疲れは続いていませんか?
たっぷり寝ても休んでも、疲れていませんか?



慢性疲労の症状までの過程―体の中で何が起こっているのかを探る
tukare健康(いのち)を支える大切な血液が、弱アルカリに保たれていれば、複雑で精巧な仕組みで維持しているいのちの営みが日々支えられていくことを「恒常性=ホメオパシー」が保たれていると言います。血液は食事内容だけでなく、外界の刺激や、こころのあり方(ストレス)などの影響を受けます。現代生活の特徴である、過食癖のある現代人は、カロリーオーバーな状態になっている人が多く、本来人間の身体は「飢えに強い身体」として創られていますので、過剰摂取した食物は、内臓自体の過労により不消化となり、血液は「酸化」してしまいます。

短時間の休憩で、疲労物質を消す事ができれば、疲労は蓄積されません。しかし、日常的に体力の限界を超えた運動や、労働(知的労働・肉体的労働ともに)をしていくと、その日の睡眠で疲労物質を処理していく能力が追いつかなくなってしまいます。この状態が6ヶ月以上続くと「慢性疲労症候群」と言われる状態になります。過度の疲労物質(乳酸)が体内に蓄積されると血液が酸化し、エネルギーを供給していく消化器はじめ、内臓全体の疲労が相乗的に深まり、日常生活にも支障をきたす状態になってしまいます。

普通の日常生活では、低レベルのエネルギーで活動していますので、疲労感を感じたらこまめに疲労物質を体外に排出していく算段を、実践していくことが大切です。

いのちを育くむ保母さんの4月~5月は慢性疲労の連続


それは保育園に勤務していた20代後半の体験です。当時は「ポストの数ほど保育園を」のスローガンで、働く女性を家庭から引っ張り出して、労働者にしていく国の政策の最中でした。設備整備されず、人材も育成されていない時代でしたから、県の検定で資格取得した保母さんが新しい職場で働くためには、身体も頭も酷使しなければならない条件が待っていました。本来親から貰ってきた、命に関する感性がものを言う世界でした。

特に年度のはじめは、保育者と幼子がまだコミュニケーションがとれていない時ですから、2歳児担当の自分の姿は、昔の子守りより過酷な状況でした。おんぶして、抱っこして、その上、両手にしがみつく子供達を口で指示を出しながら、トイレや園庭に移動させていました。騒音に近い子供達の泣き声はBGMの童謡や生活のうたなどを打ち消していました。

ひたすら、スキンシップを図ろうとしますが、14人を二人の保育者で担当しますので、泣いていても順番に聞いていかなくてはなりません。特にサングラスをかけないと過労で目が開けられないため、サングラスで保育していて、園長に注意されたこともありました。

こんな状態が2~3週間続いて、子供達がトイレに行ったり、お昼寝をしたりして、自分のテリトリーを保育園に感じ始めた時に、保母の両手も背中も自由に開放されていきました。しかし、身体も精神も慢性疲労で、ガタガタでした。病院に行っても検査では異常が見つからないのに、いつも疲れやすく、胃腸が弱く、朝に弱く、貧血による低血圧症などの自覚症状を訴えますが、現代医療の現場では、原因不明と言われて処理されてしまいます。風邪をこじらせたような全身の倦怠感で、ひどい時は、数分間立っていることもつらくなります。日常生活もできなくなって寝込んでしまう場合もありました。診断名としては「風邪」「自律神経失調症」「頚肩腕症候群」といわれることが多かったです。

疲労の回復(未病対策)の方法

軽い疲労なら一寸休むだけで取れてしまいます。慢性の肩こりや腰痛などは、鍼灸やマッサージで、気血の流れを調整して、血行を促し、代謝機能を高め、疲労物質の乳酸を減らすことで、早期に疲労を回復させていきます。疲労回復は「血行と代謝機能回復」によって行なわれるものと言えます。

しかし、鍼灸やマッサージは、一時的に疲労回復をはかることはできますが、慢性疲労の場合は、そこにある根本的な原因を取り除く事も同時に考えていかなければなりません。疲労の根本的な原因は細胞内の代謝がうまくまわらず、乳酸が蓄積する事にあります。この代謝能力を活発にし、乳酸が溜まりにくい体質に転換することが大切なのです。

日常生活の中でできる疲労回復の方法



  1. 日常生活の中に、軽いメニューの運動を取り入れて、血液中へ酸素を取り入れる

    • ストレッチ体操、スクワット、軽い散歩、ラジオ体操などの適度な運動をこころがけ、有酸素運動で心肺機能を高め血液中の炭酸ガスを体外に吐き出していくことが大切でしょう。

  2. 血行を良くし、酸素やエネルギー源を細胞に取り入れ、細胞内の代謝を活発にし、乳酸が溜まりにくくする

    • 細胞を若々しく保っていくためには、クエン酸とともに良質のアミノ酸を植物性の食材から取り入れ、抗酸化能力のある酵素などを併用していくことが必要です。和食の味噌・醤油・漬物・梅干しなどは、代表的な食事内容です。また、最近の研究でビタミンQ10(コエンザイムQ10)という成分がエネルぎーを作る時に不可欠であることが判ってきました。

  3. 細胞が若々しく、お肌が美しく保たれます

    • 植物性の食材を中心にした和食愛好家の肌はきめが細かく、美しいです。血液が綺麗であれば、顔をはじめ、全身のお肌が若返っていきます。動物性たんぱく質の摂取を少なくしていく事はお薦です。


お米は日本人の主食です 

あなたの朝食は、パンですか?
ごはんですか?
パンと答えられた方は、ごはんに切り替えて下さい。



ごはん理由は、日本で売っているパンは柔らかくイーストフード、PH調整剤、乳化剤、保存料などの添加物がたくさん使われている上に、 小麦のほとんどが輸入なので、ポストハーベストや燻蒸、殺虫剤などの問題もあります。

食べる時には添加物の入っているマーガリンやバターなど油分の多いものをつけ、その上おかずもハムやベーコン、ウインナー、卵など動物性タンパク質が中心になります。 これらを調理するには油を使って作るようになり、おかずの種類も限られます。 飲み物も牛乳やコーヒーのように動物性脂肪や砂糖などの糖分も多くなるので、カロリーが高くなり成人病になる確率が高くなります。

食べてはいけない

動物性タンパク質を常食していますと、肝臓の糸球体が目詰まりを起こしやすくなり、血液濾過機能を落とします。 こうなりますと正常な血糖維持が不能になり糖尿病などの生活習慣病をつくるのではないのでしょうか。 こういう食事をしていて病気になるなというのが難しいくらい病気をつくる食事です。

アメリカでは1978年の栄養白書で、肉や卵を食べないように、砂糖を摂らないように、牛乳も飲まないようにと警鐘を鳴らしました。 それによってアメリカでは心臓疾患などの死亡率の高かった疾患が減りました。

肉にはもう一つ問題があります。肉1キロを作るには穀物が7キロ必要になります。みなさんが肉を食べる量を減らすことによって食料不足に悩んでいる国に穀物を分ける事ができます。 だから肉を食べる事は食料不足をつくることにもなります。

ご飯で育つ心と脳

ごはんは、脳に必要な良質な糖質や身体に必要なタンパク質もたっぷりで栄養価は高く、太りません。 添加物は入っておらず、輸入の小麦のようにポストハーベストや燻蒸、殺虫剤などの問題はありませんし、おかずは何でも合いますのでバラエティーに富みます。 飲み物もヨーグルトと同じ発酵食品のみそ汁が合います。 味噌は良質のタンパク質やミネラルが豊富で味噌は便秘解消にもとてもいい食品です。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。