スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひな祭り 

三人官女

3月弥生の夜、東京方面はこれから、明日にかけて雪が降り積もるそうです。
ニュースは堤財団といわれていた、大企業が話題になっています。

でも今宵は女の子のお祭りですね。そうです。
今日は「ひな祭り」です。童謡にも同じ「ひな祭り;あかりをつけましょ、ぼんぼりに~」 があります。最近はスーパーの「鬼は外福は内~」や「魚、魚、魚~」の歌の代わりにメロディーが流れています。

幼いときの雛まつりは、年中行事の大きなイベントでした。日常生活に現代の様な大型遊技場、スポーツセンター、映画館、競馬・競輪など遊ぶ場所が無かったので、子育てを中心に行事が行われ、地域ぐるみでいのちを支え、面倒見ていました。

最近は帰宅途中のスーパーの売り場から、商いの客寄せ手段に歌われていることに、耳が慣れてしまいました。違和感は無くなって、幼い時に、半日かけて、7段飾りのお雛さまを、蔵の2階から、母屋の2階に運んでは飾る、家族全員の年中行事だったことが、本当に遠くなりました。

家族全員の祝い事には、母の手作りの「ちらし寿司」が作られて、こね鉢にたっぷり作られました。甘いものが無かった時期ですから、お砂糖たっぷりの赤いでんぶがいっぱいかかっていて、錦糸玉子の黄色とともに、春を演出していたことが、脳裏に焼きついています。

みなさまのご家庭では、どのようなひな祭りが、行われているでしょうか?

続きを読む
スポンサーサイト

乳腺症の手当て 

「乳腺症」から母乳をあきらめるお母さんが少なくありません。母乳育児を続けるために、知っておきたい知識と手当てをご紹介します。



赤ちゃんのウンチで兆候をキャッチ

乳腺症の症状というのは、急に乳房が堅くなって、赤ちゃんが乳頭を口に含んで吸啜(きゅうてつ)すると飛び上がるほど痛みが走ったりします。 産婦の排便が悪く便秘がちで、赤ちゃんの便の色が緑色になっていることが多いようです。一晩で39度以上の熱が出ますので、急性の場合は早く手を打っていくことが必要です。

ご主人あるいは、実家のお母さんなど大人に吸ってもらってはやく冷たいおっぱいを体外に出してください。腸内常在菌を自分流で作り上げていますから、決して甘く見ないでください。



産後の食事、ここをチェック

赤ちゃんがむずかって泣いているとき、「お腹が空いている」「母乳が不足している」と誤解して粉ミルクを足してしまっていませんか。実は、赤ちゃんが緑色の便を出す大きな理由がここにあります。

夜泣きしたり、むずがって不快感を表しているあかちゃんの訴えをぜひ見逃さないようにしてください。

一方で、お母さん方の身体にも変化が起こっています。食事の欧米化で、右側の乳房に溜まっている動物性のたんぱく質や、脂肪が乳腺をふさいでいることが多く見られます。

独身時代から、例えば、砂糖入りの甘いお菓子、菓子パン、パン食を常食している方が妊娠・出産をされると、産後間もなくこうした「母乳が溜まる」といった体験をされているようです。溜まった母乳がうまく出てこないことから、乳腺症を発症しやすくなってしまいます。
続きを読む

産後のお母さんの食事 

過食と富栄養化した現代栄養学を基準にした、北緯50度の寒さに立ち向かう北欧・米国 の食文化が、北緯36度~40度未満に位置する日本人には、合わないことが実証されて きました。植物性の食材を中心に粗食で鍛えてきた農耕民族の日本人には、合わないのでしょう。



産後のお母さんの食事
…貴重ないのちの幼子を丈夫にするために
\"kodomo\"
産後のお母さんの食事→和食、粗食で健康を獲得できます。

日本人は昔から産後の21日間を「産褥」と言って、お母さんの回復期間を設定していました。アメリカ式の回復方法では、出産後すぐ歩かせてしまいます。
  1. 子宮の回復→母乳を飲ませると子宮が収縮して元に戻る

  2. 骨盤の回復→早く立ち上がると骨盤の戻りに狂いがくるのでゆっくり休む

  3. 出産の疲れをとるためによく眠ること→免疫力が高まる赤ちゃんと一緒に眠るようにして、睡眠不足を補っておく

  4. 産後の入浴、洗髪をできるだけ遅らせること→熱いタオルで体や髪を拭いておく

  5. 目を保護するためにサングラスをかけて目を保護すること

  6. 赤ちゃんも目に太陽光線が当たらないようにする。特に強い電磁波の出るテレビをはじめ、電化製品の傍に寝かせないようにする。

赤ちゃんのウンチでわかること

現代のお母さんは、給食でからだ作りをし、コンビニ弁当をなんの疑問も持たずに食べてきているので、いのちを根底から支えてくれる基本的な日常食を教えてもらっていないし、身につけていません。

基本食とは、赤ちゃんを育てていく時にお母さんが赤ちゃんのウンチを見て判断します。腸内常在菌を自分流に作っていますから、良い腸内常在菌が住み着くようにしていきます。

  • 母乳の赤ちゃん→黄色のびちびちうんち
  • 緑色のウンチは危険→ミルクを足すと必ず出ます
  • 夜泣きをするときは、ほとんどの場合お腹の調子が悪くて泣きます。
  • 便秘が起きて、赤ちゃんの顔のほっぺが赤くなってきます。
    →将来アトピー体質になります。


砂糖、肉類、乳製品は酸化食品

砂糖は緊急事態に陥った時に食べるもので、からだ(健康)が非常時のときに食べて時間稼ぎをしていのちを繋ぐ非常食です。

現代の平均的な普通の生活ができている日常生活では、砂糖は摂ってはいけない食品です。現代の生活では、主食の穀物が十分ありますから、エネルギーを穀物、ご飯から摂ってください。

赤ちゃんはからだの内部が高速で成長しているので、必要最小限の食事で間に合います。お母さんは出産で血液を失っていますから、塩気、ミネラルの補給をしっかりしましょう。

基本の食事の目安は

  1. 主食のご飯をきっちり食べる
    • ごま塩おにぎり
    • 牡蠣味噌→牡蠣50g、長ネギ1本、オリーブ油(しそ油でも良い)少々
      ほんものの味噌で和えて食べる。一箸にしておく(食べすぎない)
    • 玄米餅で母乳の出を良くする
      餅は母乳の出をよくしますが食べすぎに注意してください。大根おろし、青菜のゆがいたものも一緒に食べて。
    • 雑穀を入れたご飯を食べる→雑穀は内臓を強くする
    • 玄米、ひえ → 胃を保護する
    • 発芽玄米を電気釜で炊いて食べる
      ごま塩を必ずかけて食べること
    • 味噌おじや(雑炊)
  2. 味噌汁を毎日たべること

    • 季節の野菜を入れてしっかり作る(実だくさんの味噌汁)
    • だしは「ペプチド」か「野菜のおかげ」を使って簡単に味噌汁を作ることができます。
    • 野菜だけでなく、海藻を入れる→免疫力を高めていくために、フコイダンの入っているわかめ、ふのりを必ず入れて飲むこと
    • 簡単な味噌汁の作り方
      ペプチド小1、味噌小さじ大盛り1、ふのり少々、長ネギ(小口)少々
      熱湯を注ぐ
  3. 漬物
    • サラダ系は避ける→からだを冷やします
    • お砂糖の入っていないものを選ぶこと
    • たくわん、糠漬けなど、郷土食の中に漬物はたくさんあります。

    この基本食は内臓を強くし、免疫力を高めていく食事法ですから、風邪を引いたり、疲れが取れないときに食べてください。

五感を育む膝の上

授乳時には、必ず抱いてあげるか、寝ている時は添い寝して赤ちゃんを手元に置いて育んでください。間違っても外国の真似をして、うつぶせ寝はしてはいけません。あたまの格好が悪いから、後頭部が絶壁になっているのを治そうとする大変な誤りです。

寝返りのできない赤ちゃんに、無理に寝返りをさせようとする意図も伺えます。本来、10ヶ月では首も据わらない状態(半胎児)で出てきますから、肺呼吸も始まったばかりにこのような暴挙に出てはいけません。

「テレビにお守りをさせないで」と岩佐京子氏が叫んでいたのが、もう20年位前のことです。氏は「牛乳は完全栄養食品か?」で富栄養化した牛乳中心の食事で、脳の発達に大きな影響があることを、代々木病院のカウンセリングで体験した症例で説明しています。

自分の体に必要なものを、楽しく食べる“楽食”のすすめ 

母乳育児への軽視が日本人の感性を鈍くした



--青少年犯罪の問題が、食生活の乱れという側面から考えられるようになったのは、最近になってのことですが、沢田さんが育児における食事のあり方に注目されるきっかけとなったのは、どのようなことからでしょうか?

澤田:
お腹の中で赤ちゃんが育っているときにお母さんの食事がどう影響するのか、味覚がちゃんとするためには、どんな段階、過程を経て、発達、進化を遂げていくのかということを明解にした上で、味覚や五感がどこで育つのかということを考え始めたのがきっかけです。

そこで最初に気が付いたのは、母乳での育児がいかに大切か、ということですね。というのは母乳の味は、ミルクや牛乳と違ってとても薄いんですよ。今、ファーストフードやジャンクフードがこれだけあふれる社会になってしまったのには、私たちの側にそれを受け入れる素地があったということです。つまり、感性がそれだけ鈍くなってしまったということがあると思うんですが、それはおっぱいをもらわないで育った子供が増えたとという背景と無縁ではないと思います。

-母乳育児って、時代によって流行というか、推奨されたり軽視されたりという流れがありますよね。最近ではダイオキシンの問題で危険視されているような面もありますが。

澤田:
「自然育児 友の会」(横浜支部は「自然育児の会」)という団体があって、そこの幹事をしていたことがあるんですが、そこでは母乳のきちんと出る体を作るための食事や生活の勉強会を行っていました。その主旨は“内臓を鍛えよう”ということで、いい内臓や血液を作る食べ物を摂ることで母乳の出る体にしていくことなんです。やはり基本は食事なんですよね。もちろんこれは子供が産まれてからも大切なことなので、母子教室という形で今でも続けています。



現代ではなくなってしまった基本となる食事

--いい食事とは、具体的にはどんなものなんでしょうか?

澤田:
少し前までは、私も玄米食の普及に携わる活動をしていたんですが、このやり方では厳しすぎて付いてこられる人はほとんどいないんですよ。それに出産や育児って自然なもので、頑張ったり、無理をしてやるものじゃないでしょう(笑い)。しかし、基本となる食事とは、結局は昔ながらの食事。ご飯とみそ汁と漬け物、そして野菜の煮物だということになりますね。

--しかし、それすらも今の食卓では珍しい献立と言えるんじゃないでしょうか? その一方で『粗食のすすめ』という本がベストセラーになったり、という現象も見られますが。

澤田:
普段ファーストフードとか肉や油をたっぷり使った食事をしている人たちが、「母乳を出すために、子育てのために」といって、そうした食事をしても、それは病院での食事療法みたいなもので一定の時期を過ぎると元の食生活に戻ってしまいます。

毎日の食事もまた、「~のために」と力を入れて食べるものではないのですが、その基本がもはや通じない時代なのは確かなようです。ですから、今、私がお母さん方にお話ししているのは「とにかくご飯を食べましょう」ということ。徐々に今の食生活を見直してもらうのに、そこから始めなくてはいけないという現実があります。

--確かに今の若い世代にない食習慣だからこそ、“粗食”という異文化が新鮮に映ったのかも知れませんね。

澤田:
私が日本人の感性が変わってきたな、と思ったのは保育園で働いてきたときです。お母さんの年代が自分より下がっていくにつれて、子供たちの基本的な生活習慣が失われつつあることを実感しました。特に七十年代以降、その変化は急速だったことを覚えています。

食生活の面でも、日本人特有の食文化であったほのかな味わいや香りを楽しむ味覚は失われ、甘さや辛さなどの刺激を求める傾向が強くなっていったような気がします。この“刺激を求める”という点は、食生活だけでなく、生活全般に表れていて、その精神面に与える悪影響は計り知れないものがあります。



家庭の中から“文化”が消えてしまった

--七十年代といえば、日本が高度成長期を経て豊かになりはじめた時期と重なりますが、母親と子供、もしくは家庭のあり方にも変化を感じられましたか?

澤田:
保育園というのは働くお母さんを支えるという前提の施設でもあるのですが、私の考えでは、母乳を与えている時期はやはり母親が育児をすることが自然の理にかなっていると思いますし、できれば二歳半ぐらいまではそれぞれの家庭の文化の中で育てて上げて欲しいと思っています。なぜならそれが個性を育むからです。確かに子供は小さくても集団保育に馴染んでいきますが、その順応性はいい面だけではなく、ある意味では個性の麻痺であり、感性の鈍化である点にも目を向けなくてはいけないと思います。

--しかしそれが理想だとしても、家庭のなかの文化自体が壊れてしまっている、という現実があると思いますが。

澤田:
それが一番の問題なのかも知れません。母親が育児をする、ということに関しても、今、子育て真っ最中のお母さん方は、どのように子供を育てていったらいいのかわからず、真面目で熱心な母親ほど、誤った方向で子育てをしかねないのが現実です。

だから私は、子供に何を食べさせたらいいのかわからないお母さん方に、「まずはご飯を炊いて食べましょう」ということを説いているわけなんです。パン食と違って、和食は手間がかかりますが、「忙しい、時間がない」という人に、何も「みそ汁は出しからとって」とは言いません。温かいご飯に納豆やなめ味噌で食べたっていいんです。しかし、できる範囲からだけでも何もしないよりよほどいい。

--少しずつ感性を取り戻そう、ということですね。

澤田:
コンビニエンスストアで買ってきたお弁当をレンジで温めるだけ、という食事が増えていますが、それだとなかに生野菜が一緒に入っていても平気、という感性が普通になってしまいます。それに疑問を感じる人が増えてくれれば、と思います。そして、その次の段階として、日本独自の食文化である味噌や醤油などの発酵食品のよさを、ぜひ見直して欲しいですね。

--しかし、もう一方では、味噌、醤油にしても、野菜にしても、素材となる食品全体が工業製品のような形で生産され、流通しているという現実があると思いますが。

澤田:
確かに昔と比べて、食物の旬や素材本来の味は失われてしまいましたが、それはある程度、選択できるようにはなってきていると思います。最近では有機野菜や自然食品を置く店も増えてきました。コストの面でも徐々に改善されつつあるのではないでしょうか。



子供の個性と感性を否定する学校給食

--学校給食に関してはどうでしょうか?

澤田:
学校給食というのは、すべての子供が同じ内容の食事を、同じ量だけ食べるシステムになっていますが、人間の体はそれぞれ違うのですから、人によっていろいろな食べ方があっていいはずです。男女差だってありますよね。しかし、そのことは認められない。残すことが許されなかったり、ひどい例になると、罰則やいじめなどが発生する原因にまでなっています。

また、給食で出される食事は、内容的にも決していいものではありません。例えば和食と牛乳、などという組み合わせを子供たちが受け入れざるを得ない、という状況がどれほど感性を鈍らせるのか、考えてもらいたいものです。

--「食育」というと、一日三十品目とか、三大栄養素(たんぱく質・炭水化物・ビタミン)を食べようとか、栄養学的な面からばかりが強調されていますね。

澤田:
栄養失調の子供を救うというのが給食の始まりだったわけですが、しかし、食事で大切なのは知識よりも、それぞれの体が必要としているものを楽しく食べるということです。では、何が必要なのか、ということですが、それはちゃんとした食事で育った子供なら、それが自分でわかるんですよ。

体が弱かったり、アレルギーがある子供は、お母さんが自分や子供の食事に気を使いますよね。だからそうした子の方が、味覚が発達しているということがよくあるんです。保育園でも、いいおっぱいをもらって育った子供は自分の食べ物の好みや量がはっきりしていて、それを選んで食べようとします。しかし、それを皆と同じにしようと強制してはいけないんです。

--日本人の国民性なんでしょうか、「食べ物を粗末にしてはいけない」という道徳観が給食の中にだけ根強く残っている感がありますね。

澤田:
給食の最大の問題点は、生命にも直結する食べ物が自分で選べないということです。しかもこれだけ食べ物が豊富にある中で。逆説的ですが、ある程度飢えがあった方が自分にとって必要な食べ物を真剣に選ぼうとすることから、感性が研ぎ澄まされんですね。

一方、いつも満腹状態の子は、何が欲しいのか自分でわからずに、より甘い、刺激のある物に引きつけられていく。食べ物だって残すことになり、給食は残飯の山。そうなると栄養士さんたちは「どんなものなら食べてくれるんだろう」と、子供が喜びそうなレトルト食品のようなメニューを考えるわけです。今の給食のシステムはそんな悪循環を生み出しているように思いますね。

--解決策はないのでしょうか?

澤田:
給食に関しては、少なくとも個々の生徒が自分で食べる物を食べられる量だけ選べるという工夫が欲しいですね。食の細い子などは、朝食をたっぷりとれば給食はいらない。一日二食でも十分なんですよ。少なくとも、感性を育てるために、飢餓感を経験することことは無駄ではありません。

全体の食生活については、大人が子供に合わせるのではなく、まず自分たちの食事についてきちんとすることです。自分たちがいいかげんなものを食べていて、子供にだけ「これを食べなさい」と言っても、それは無理な注文です(笑い)。そして楽しく食べて、体にいい食生活や文化を子供に伝えていくことが大切だと思います。

「望星 2000年11月号」(東海教育研究所)より

お母さんと子どもを丸ごとケア 

疲れているお母さんを助けたい
シンプルな子育てから 見えてくる世界を伝えたい



たくさんの子どもと親を見てきた経験から、小さな命をなんとかしてあげたくて食べ物の勉強をはじめました。 いまでもそのときの思いはかわりません。
小さなお子さんのトラブルを解消する情報を掲載していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。

0404091.gif
●妊娠中の体重は…
+7kgまでにおさえておくと産むときに楽です。

0404092.gif
●出産後の便秘に…
排便をおだやかにしていくために、玄米を上手に取り入れて下さい。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。