スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚の赤ちゃんがえり 

赤ちゃん


味覚の赤ちゃんがえり
    西村震哉著「食生態学入門」を読んで

五感の中で最もいのちを維持していくために直接関係する感覚です。そして、味覚はほのかな甘味を持っている母乳哺育で育っていくと大変微妙な味覚感覚が育っていきます。

それでは、女性の味覚と男性の味覚には差があるのだろうか?
地域差はあるのだろうか?

田舎で生活していると非常に味の濃い穀類や野菜を手に入れることができるので、微妙な味加減が身についていきます。一方都会生活をしていると、複雑な味を体験する機会が多いために味の濃い甘味、塩味、辛味などを小さいうちに体験させられてしまいます。最近はそれに加えて人工の調味料が多いために、味覚が化学的に再構成されている場合が多く見られます。

例えば、玄米菜食を高齢者(70~80歳)に食べさせようとしても
・噛むための歯が入れ歯になっていて玄米ごはんを噛めない
・塩気のきつい副食では、血圧が上がってしまう場合が多い
・てんぷらなどの油を多く使う煮物が苦手
などでなかなか受け入れられない場合が多いです。

10年以上前に東北地方で老人ホームの賄いを担当した友人は、入所者の老人達が食事を残し残飯が増えて、普通食にして欲しい希望者が増えた為、一般の栄養士が採用されて、典型的なマクロビオティックの食事は忌避されてしまったのです。

また、山梨の曹洞宗のお寺で5年半にわたって料理教室を開きましたが、先代の80歳を超えてお元気な和尚さんは、「玄米食は結構です」と言ってからだに合わないから駄目ですと拒否されたこともありました。

本来味覚は母系で受け継がれていきます。台所で調理担当をするのは一般的に女性だからですし、遡って考えてみると、母親に育てられて大きくなる過程で、母親の味付けが身についていくわけです。
続きを読む
スポンサーサイト

眩暈症について 

ハーブティ

随分前にわたしが園長をしていた時の主任さんが脳腫瘍が見つかる前に、何回も保育園の廊下でめまいに襲われ、転倒するようになりました。

検査の結果延髄の近くに腫瘍が見つかって、残念なことに亡くなってしまいました。

また、これはわたしの最近の体験です。
自分を取り巻く環境が一変したのが一昨年の暮れでした。

長姉の肺炎による急逝で、ショック状態が原因の欝的症状が半年続いてやっと立ち直った矢先に、また昨年の暮れに二番目の姉が骨折入院、転院して手術、そして今も介護を兼ねた見舞いが続き、その心労と外食続き、睡眠不足で大分まいっていました。
出張で仕事に向かう車中でめまいと吐き気に襲われました。

2月2日の突然の発症に驚いているうちに5日に血尿が出て驚いてしまいました。
現在66歳ですからこの間のストレス回避がなかなかできなかったいきさつはありますが、厳しい冬の寒さがきっとこのような原因に追い討ちをかけたものと思ってはいます。

腎系に気を入れるための食養生を始めて約2週間ですが、
続きを読む

緊急事態・体温管理にご注意下さい 

体温管理に気をつけて---

【老人編】

主人は数えで古希を生きています。戦後の疎開児童体験者です。
きっと古い人(?)は思い当たるでしょう。

今日は暖かいから昼間のうちに風呂に入ってと言って気分良く入浴して、気分良く夕飯を摂って就寝したのです。安心してこの忙しい暮れのこまごました片づけを終えてわたしも就寝、明けて翌日の早朝、吐きながら主人が階段を下りてきました。

熱

なんと急性の体温降下による吐き気に襲われていたのです。
普段病気をしない用心深い主人が30分以上吐き続けているのを見て、思い当たりました。忙しいわたしの日常を見ていて、入浴後買い物をしに
外出したのです。

すぐにフィットアンポで布団を温めて、背中をさすって寝かせました。白湯を飲んでからも吐いていましたが90分サイクルで2回、3時間後トイレに行き白湯を飲んで納まってまた寝てすっかり治りました。

お粥に梅干、のりの佃煮、三年番茶、翌朝は梅醤番茶、餅入りの小豆南瓜でまた寝てすっかり元気になりました。

家の中で起きる突然死(心筋梗塞)の一歩手前の症状だったのです。

それなのに1週間も経たないうちに外食にラーメン食べてきたと聞いて、憤懣やる方ないわたしでした。

夏を感じる日常生活今昔 

夏至を迎えて今年の空梅雨は、本格的な暑さで日本全土を脅かしています。千葉県の農家がキャベツの値段調整で、美味しそうなキャベツ畑をブルトーザーで畑の土に鋤きこんでいます。キャベツが嘆いて土に返っていきます。



わたしの最近の生活は家事の時間、くつろぎの時間、そして書くことのために読みさしの本を読み、パソコンに向かう時間で一日が終わります。

若いときに考えていたのですが、歳とって主人と二人きりの時間がきっと退屈するだろうと思っていたことが嘘のようです。

早朝の3時~5時は前夜の過ごし方、食べ方で睡眠がうまく取れていればまさに快眠、快便(失礼、でもこれは健康のわかりやすいバロメーター)、快食快汗(ほとんどの時間は、汗を流して家事に費やしています)のラインに乗っていけます。

アパートに入りきれないほどの本たちとの格闘もそろそろ最終章に向かっています。片付けは自分の頭の中を活性化することに繋がって感動ものです。

昨日は二階の自分の部屋の片付けで、押入れの寝具の整理でした。そう言えば母が田舎の家でこの時期のしていたさまざまな家事を思い起こしていると、古い布団の中綿を打ち返して、新しい布団の綿入れを盛んにしていました。
inaka明治人間の母は、着物で一生過ごした人で、白木屋デパート火事の事件で燃えている建物から飛び降りられなかった売り子さんの姿とダブってきますが、母も下着は洋風ではなく腰巻を使った純日本風の着物姿でいました。日本手ぬぐいを頭にかぶり、たすきがけで、着物を袴式のもんぺに入れてこまめに指示して作業を進めていました。

先日母の残していった着物類を、知人を通して持っていってもらいましたがたくさんの着物地の中に、懐かしい着物地が出てきました。わたしの若い時に着せてもらったお気に入りの着物地が、洗い張りを済ませて一匹の反物になって保存されていました。

暑さがやってくる6月~7月に、家の中は冬布団から、夏布団に変わる大切な時期になっていたのです。二階の8畳の部屋が二間繋がっていたので、仕切りの襖(ふすま)を取り除き家族8人分のかけ布団、敷布団の綿入れを順番にしていくのです。

信州は暑さより寒さ対策が大切ですから、布団の厚さや肌触りを大切にした母の家族に対する心配りが感じられました。ふかふかになった布団を押入れに入れるのがまた大騒ぎでした。子どもたちは押入れに入って遊ぶ楽しみを味わっていますが、母は手早く片付けてご飯の支度をしなくてはと急いでいたのでしょう。

見ていると木綿の布地と着物をほぐして、洗い張りした布地を冬中に縫い合わせておいて、準備をしっかりしてくれていたのです。中綿を固定するために長く太い布団針に黄色の太い糸を通して、しっかり止めていました。布団の四隅の飾り止めは面白いほどで、母の手は魔法使いのようでした。リリアンの飾り止めみたいで格が上がった布団に生まれ変わっていました。

ある夏のこと「ピンポンの布団」と呼んでいたわたしの夏がけを作ってくれました。母が若い頃にわたしの着物に仕立ててくれた反物で、お気に入りの柄のものでした。

また、夏の着物の帯を買いに呉服屋さんに行くことも多く、着物の展示してあるお店に行く時は、母が耳の後ろに練り香水を、すーっとさりげなく塗って、いい匂いのする一寸汗ばんだ母の顔が若々しく、はっとすることもありました。

先日姉の家の片付けのとき、母の大切にしていた三段重ねの桐の箪笥を片付けていて、あの時もう60年以上も前に、母が使っていた練り香水の小さな桐の箱が出てきて、メノウの石をくりぬいた入れ物に、母の香りが残っていたのです。持ち帰ってきて匂いを嗅いで、嗅覚を通して当時の風景が蘇ってきて、さまざまなわたしの古い記憶を呼び覚ましてくれました。

父が倒れて10年間しっかり付き添って看病した母の姿を忘れることはできません。余程母は父に惚れていたのでしょう。医師の不養生、看護婦の見事な看病ぶりを今もわたしたち兄弟姉妹は誇っています。どんな時も連れ添って生き抜いた両親の姿はわたしたちの夫婦間にも流れています。

便利な洗濯機、クーラー、冷蔵庫も無い時に、肉親だけで看病する大変な時に母は看病を見事にしていました。わたしも何度か父のそそうをした時、夜中に起こされて母を助けた思いではありますが、思い父親を二人で抱えて着物を全部取り替え、洗濯して綺麗にするまでは、随分時間も力の精神力も鍛えられました。

苦い思い出と共に涼しい信州の佐久の思い出は、こころ深く肉親の深い絆作りに大きな力を与えてくれたことが、確認できて嬉しいものです。夏の思い出として布が、わたしのからだに埋め込まれている情景を見事に浮き立たせてくれました。

冬の食養生 

さまざまな工夫で、寒い冬を元気に乗り切りましょう。手当て法や食事のポイントをご紹介します。


冬は「寒」の季節で、臓腑との関わりは「腎」 に属します。
kotatu冬は温性の食べ物でからだを温めながら補うようにします。温かい鍋物でからだを中から温めていく食養が必要です。

腎は精を貯蔵する臓器です。精はからだが、生命活動をするための基礎になる物質です。できるだけ消耗させないようにしましょう。

山芋などのイモ類を多食しましょう。旬の食べ物の中のえび類が、精を補ってくれます。食養では豆類(小豆、黒豆など)で腎を補います。

早寝早起きを実行して消耗を防ぎましょう。

体温を保つために平熱を維持していくために、無理は禁物です。特にお年寄りの頑張りは危険です。

手足、腰、腹部などに「使い捨てカイロ」などを貼って、極寒の寒中を乗り切りましょう。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。