スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の食養生 

冬の食養生

冬の養生-1              澤田季里作成
        
冬の食養生

冬は寒の季節です。臓腑との関わりは、「腎」に属します。冬は温かいものを
頂き、腎を養い、精力(生命力)を失わないようにしていきます。

日本では鍋物を頻繁に食べて、からだを温める算段を日々実践していきます。

・精を補うものとして、山芋、自然薯、えび類、を食します。

・日常食の穀類(五穀・雑穀類)をしっかり摂取しましょう。

・秋の取り入れ時に漬け込んだ果実酒、薬草酒などは、冬に多く頂きましょう。

気をつけること

冬の生活は、「早く寝て、ゆっくり起きる」を実行して、からだが冷えないように、気をつけて
生活していきましょう。ゆっくり起きることで、腎を養ってからだの精の消耗を防ぎます。

腎を養うためには、豆類を活用していきましょう!
・食養では小豆と黒豆をよく使います。
昔から使われている商品は、「ヤンノー」です。
小豆を陽性にするために、少し炒ったものを粉にしたものです。20分ほど
よく煮て飲むとからだが楽になります。
冬の食養生

冬は寒の季節です。臓腑との関わりは、「腎」に属します。冬は温かいものを
頂き、腎を養い、精力(生命力)を失わないようにしていきます。

日本では鍋物を頻繁に食べて、からだを温める算段を日々実践していきます。

・精を補うものとして、山芋、自然薯、えび類、を食します。

・日常食の穀類(五穀・雑穀類)をしっかり摂取しましょう。

・秋の取り入れ時に漬け込んだ果実酒、薬草酒などは、冬に多く頂きましょう。

気をつけること

冬の生活は、「早く寝て、ゆっくり起きる」を実行して、からだが冷えないように、気をつけて
生活していきましょう。ゆっくり起きることで、腎を養ってからだの精の消耗を防ぎます。

腎を養うためには、豆類を活用していきましょう!
・食養では小豆と黒豆をよく使います。
昔から使われている商品は、「ヤンノー」です。
小豆を陽性にするために、少し炒ったものを粉にしたものです。20分ほど
よく煮て飲むとからだが楽になります。
続きを読む
スポンサーサイト

デジカメによる花の写真展第2弾 

澤田栄写真展

澤田榮写真展

日時:10月4日~31日(お休みの日が多いですから確かめておいでください。)

場所:アルクトウルス
http://www.lamoo.co.jp/arcturus

     〒356-0053 埼玉県入間郡大井町大井2-11-3 
     TEL:049-265-0525 FAX:049-265-0526

昨年11月に開きました写真展をアルクトウルスさんのご好意で再開できることになりました。

よろしくお願いいたします。

にぎり酒(「むすひ」酒粕) 

にぎり酒


発芽玄米酒「むすひ」の酒粕、にぎり酒


■特徴:

むすび酒(発酵酒、またの名を「どぶろくシャンパン」と呼んでいます)のまるごと玄米を発酵させていますので、発酵菌が豊富で食物繊維を大量に含んでいます。
腸内常在菌を増やし、消化吸収を活性化します。
特に糖尿病患者さんの手ごろで簡単レシピで人気です。

■にぎり酒の使い方

・お味噌汁に・・・

 前の日に水にうるかしておく
 一人小さじ1ぐらい
 翌日はだし汁に具を入れて好きなお味噌で
 普通に作って食べてください。

我が家のみそ汁の具は、

 ・大根
 ・わかめ
 ・里芋

急ぐ時は

 ・わかめ
 ・豆腐
 ・もやし

    などです。

■他にもこんな利用ができます

・から煎りして、サラダの上にトッピングも可能です。

・熱処理にも強い酵素や酵母菌が多いようです。

冷えの症状の具体的な進行 

身体を温める
・冷えを敏感に感じるのはいいからだ
 冷えが原因の症状には、からだの部分を見る西洋医学は無力です。
 西洋医学では「冷え症」は病気ではないと見ています。

 東洋医学の「いいからだ」 の健康感は「いつも動いているからだ」が いいからだです。

*からだの異常に関してすぐ反応する
 ・ふーつと息を吐くと緊張がほぐれる
  摂生:外出を控える
 ・冷えるとだるくなる
  すぐあたためる
 ・食べ過ぎると吐いたりくだしたりする
  食事を控える

*冷えの予防法
冷えは冬になってから気をつけるのではなく、夏にたまった冷えが冬になってから、たたるのだと思ってください。

*冷えは女性の場合は臓器を冷やすことで不調になっていく
冷えは加算されて、徐々に症状が悪化していきます。まず冷えに敏感な弱い臓器は単細胞があり、細胞の原種である卵子は、影響を受けやすいです。
・子宮(生殖機能)
・卵巣(生殖機能)
・腎臓(循環機能)
続きを読む

緊急事態・小さいお子さんの体温管理にご注意下さい 

寒い冬、赤ちゃんや小さいお子さんの体温管理にご注意下さい。

緊急事態!!

【赤ちゃんや小さいお子さんの体温管理】

先日訪れた今期始めての寒波が来た日に、
若いお母さんは自転車の前に11月生まれの3歳男児を乗せて外出したのです。

帰宅してすぐ吐きはじめて、7時ごろすみません~という電話で相談室に電話がかかってきたのです。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。