FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「にがり」の面白い使い方 

【むかし編】

むかしは、塩は統制品といって国が管理していました。第二次大戦が終わった1945年ころは、日本中が敗戦でいまのイラクやアフガニスタンのような、貧しい国でした。

そして、農家の古い家には、勝手(台所)は大きくて土間でした。家を築くときに、むかしの人はいのちの糧を調理する場所を神聖なところとして、丁寧につくりました。土間のたたきを作るときに、「にがり」を土と一緒に打ち込んでコンクリートより、やさしい硬さに仕上げました。

当時の主婦、姑、下働きのお手伝いさんたちは、絶えずそこに立って家族のため、お客さんのために季節の料理や、保存食を仕込むために奮闘していました。「にがり」を打ち込んだ土間は、遠赤外線を発してこまめに働く女性たちの健康を守っていました。むかしの人の智恵はなんとすばらしいことかと思います。

【げんだい編:面白い使い方季里の体験から、お肌のケアー中心に】

「にがり」は酸化した体液・血液を還元することができるアルカリ飲料です。
アトピーの子どもたちに
kodomo10数年前に丹後半島のきれいな海辺で、キャンプをしました。 そのとき、アトピーと闘っている少年少女がたくさん参加していました。 夏場は汗のために沁みて肌がじくじくして、睡眠不足のこどもたちが 続出しました。

肌のケアは海に入ることで広範囲に広がっている患部は良くなりますが、肘や膝の内側のやわらかいところは、なかなか治ってくれません。思春期前期にさしかかっている男の子も、気にしていました。

そこで、にがりの薄め液をパッティングしてあげると、翌朝すっきりとれてしまい、自信をもって帰郷していった少年少女がいました。

虫さされに

これは即効性のある使用法です。

キャンプ場は虫がいてあたりまえのところです。海であれ山であれつきものです。人の血に飢えている、蚊が発生している蚊のテリトリーに入り込んでいますから、アトピー体質の甘い血液は格好の餌食になります。かまれたら大変です。内臓のはたらきが弱っていて免疫力が低下しているために、傷をするとかならず化膿していました。

そこで、荒療治ですが、原液を蚊に刺されたところに気合もろとも1滴おとして強くたたいてあげると、20~30分後にはケロッとしてぐっすり寝てしまうのです。

鍼灸治療で用いる細い針で刺すと、その刺激が脳にいって緊急事態にからだの免疫回路が反応し、自律神経回路が活発に動いて、便秘までなおるという一石二鳥の働きがおきます。玄米食のキャンプですから玄米も、お野菜も効いていたと思います。

ボロボロなこころと体に

季里自身の体験です。保育士を17年間、学童保育を5年間くらい体験しまして、からだもこころもぼろぼろになった経験があります。

いきなり足の裏から冷えが膝あたりまで上がってきて、肋骨の下の方から徐々に締め付けられるような痛みがきて、心臓が早鐘のように打ち出し、呼吸困難になってきます。当時は極度の過労状態でしたから、今考えるとパニック症候群、あるいは、虚血性心臓ショックだったと思います。絶えずおきるわけではありませんが、からだの各部の温度差を調整する自律神経回路への、転換がうまくいっていなかったのでしょう。

こんなことが何年か続いて、しばらくしてから、発作が止まっていることに気づきました。 我が家のご飯には、にがりの「海の馨」と、イオン化しやすく水に溶けやすい「エルカルシウム」顆粒タイプを入れて炊いていますので、いつのまにか心臓発作はおきなくなっていました。もう20年以上この炊き方でご飯を炊いてたべていますので、心臓発作と消極的な思考形態から脱出して元気です。
スポンサーサイト

「にがり」の見分け方 

まだまだ続く「にがり」ブーム。本物の「にがり」を選び、効果的な使い方をしましょう。

  1. まず瓶の底に結晶があるかどうかを確かめます。
    塩(NaCl)の結晶が残っていると味があだがらく、強烈な味がします。
  1. 手のひらに1滴落としてみると、質の良いものは盛り上がってまるくなります。
    手のひらを平らにして、1滴たらしてみると表面張力があって、まんまるに膨らんで1滴が良くわかります。
  1. 容器の出口に塩の結晶がついて、べたついていませんか。
    しばらく使ってみて、ふたのまわりに塩の結晶がついているのは、煮詰め方が足りないものです。塩気があると肉を常食している方で、高血圧などの方には、向きません。

海の馨「海の馨」は1300倍に煮詰めてありますから、ほのかな甘さが口に残り、元気が出ます。

使い勝手が良いので持ち歩きに便利です。バッグの中に1本入れておいて、いつも補給できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。