スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚の赤ちゃんがえり 

赤ちゃん


味覚の赤ちゃんがえり
    西村震哉著「食生態学入門」を読んで

五感の中で最もいのちを維持していくために直接関係する感覚です。そして、味覚はほのかな甘味を持っている母乳哺育で育っていくと大変微妙な味覚感覚が育っていきます。

それでは、女性の味覚と男性の味覚には差があるのだろうか?
地域差はあるのだろうか?

田舎で生活していると非常に味の濃い穀類や野菜を手に入れることができるので、微妙な味加減が身についていきます。一方都会生活をしていると、複雑な味を体験する機会が多いために味の濃い甘味、塩味、辛味などを小さいうちに体験させられてしまいます。最近はそれに加えて人工の調味料が多いために、味覚が化学的に再構成されている場合が多く見られます。

例えば、玄米菜食を高齢者(70~80歳)に食べさせようとしても
・噛むための歯が入れ歯になっていて玄米ごはんを噛めない
・塩気のきつい副食では、血圧が上がってしまう場合が多い
・てんぷらなどの油を多く使う煮物が苦手
などでなかなか受け入れられない場合が多いです。

10年以上前に東北地方で老人ホームの賄いを担当した友人は、入所者の老人達が食事を残し残飯が増えて、普通食にして欲しい希望者が増えた為、一般の栄養士が採用されて、典型的なマクロビオティックの食事は忌避されてしまったのです。

また、山梨の曹洞宗のお寺で5年半にわたって料理教室を開きましたが、先代の80歳を超えてお元気な和尚さんは、「玄米食は結構です」と言ってからだに合わないから駄目ですと拒否されたこともありました。

本来味覚は母系で受け継がれていきます。台所で調理担当をするのは一般的に女性だからですし、遡って考えてみると、母親に育てられて大きくなる過程で、母親の味付けが身についていくわけです。
続きを読む
スポンサーサイト

眩暈症について 

ハーブティ

随分前にわたしが園長をしていた時の主任さんが脳腫瘍が見つかる前に、何回も保育園の廊下でめまいに襲われ、転倒するようになりました。

検査の結果延髄の近くに腫瘍が見つかって、残念なことに亡くなってしまいました。

また、これはわたしの最近の体験です。
自分を取り巻く環境が一変したのが一昨年の暮れでした。

長姉の肺炎による急逝で、ショック状態が原因の欝的症状が半年続いてやっと立ち直った矢先に、また昨年の暮れに二番目の姉が骨折入院、転院して手術、そして今も介護を兼ねた見舞いが続き、その心労と外食続き、睡眠不足で大分まいっていました。
出張で仕事に向かう車中でめまいと吐き気に襲われました。

2月2日の突然の発症に驚いているうちに5日に血尿が出て驚いてしまいました。
現在66歳ですからこの間のストレス回避がなかなかできなかったいきさつはありますが、厳しい冬の寒さがきっとこのような原因に追い討ちをかけたものと思ってはいます。

腎系に気を入れるための食養生を始めて約2週間ですが、
続きを読む

母子関係障害という病気・No.1 

ブロックあそび

☆ 幼子の「愛情の壷」を満タンに

1:Y君のこと

20年ほど前のことですが、1歳児のクラスにとても引っ込み思案の男の子が入園してきました。お母さんは小学校の先生で、とても美人。Y君も可愛い顔をしていて、女の子のように優しいのです。殆どの送り迎えはお婆ちゃんの担当のようでした。

ところが、一学期の終わりに近くなって、お母さんは夕方の時間を見計らって相談に見えました。

そして、お母さんはその経緯を話してくれたのです。
Y君のお産のために実家に帰ったけれど1週間も経たないうちに呼び戻され、その後は、Y君のお婆ちゃんが、付きっきりで子育てをしていて、お母さんはY君に接する時間が殆ど無い状態であることを、涙ながらに話しました。

お婆ちゃんが初孫を可愛がるあまり、お母さんは愛する我が子に愛情を充分に与えることが出来ないようでした。Y君の引っ込み思案のわけがわかりました。
続きを読む

母子関係障害という病気 No.2 

深刻な男の子


☆母子関係障害という病気

今、フランスでは「母子関係障害」という母子の屈折した関係が、一つの病気として取り上げられ、ケアされていますが、日本でもそうした傾向はふえつつあります。

 “母子カプセル”という表現で、自宅の狭い空間に幼い乳幼児と共に孤立して生活している母子の姿が目立ってきたのは、私が保母をはじめてしばらく経った、今から30年ほど前にさかのぼります。昭和14年生まれの私の世代が産みだした赤ちゃんとお母さんの間には、起こりえない状況が徐々に現れてきました。お母さんが家の外
で働くのが当たり前の時代となり、鍵っ子対策として学童期にも保育が必要になってきた頃から、時期を同じくして離婚が増え、また児童に対する家庭内暴力などが目立ち始めました。

そして今、若いお母さんは、母乳哺育を取り入れる環境や認識が無いままに、妊娠出産という現実の真只中に立たされています。赤ちゃんはどの動物もより自然な行為として、お母さんの乳房に吸い付く本能を持ち、肌の接触を充分して成長します。人間の赤ちゃんも、他の哺乳類の動物の赤ちゃんと同じく、お母さんの膝の中で五感を通して安心感を育んでいきます。

しかし、現代社会では、核家族になってしまった家庭でも、少子化の影響のある学校でも、こうしたいのちを生み育てる過程についてはなにも伝わっていきませんし、セックスについては、いきなりビニールで封印されたアダルトな雑誌などから情報を貰い、いのちのふれ合いの大切さを学ぶ事も少なくなっています。
続きを読む

母子関係障害という病気 No.3 

ケーキと男の子


大人の「愛情の壷」も満タンに

母乳で育たなかった、育てなかった…けれども身体が心地よくふれあえることができる。もし何かトラブルがあっても「大丈夫」「きっと解決できる」…そんな安心感を多くの人に手渡しながら、大人の「愛情の壷」も愛情にあふれ、ひとりひとりのこども 達の「愛情の壷」に惜しみなく注がれていくといいな・・・と思います。

特に最近還暦を過ぎて思うことは、私自身の愛情の壷が、枯れてきていることに気づいています。どうも還暦の意味は、先輩から頂いた愛情を使い果たしてしまい愛情の壷が空っぽになってしまったのではないかと感じます。老いを負い目に感じている自分から、脱していくためには、御飯をしっかり食べて、新しいことにチャレンジして、自己コントロールができるようにしていく目標を立ててみることにしまし
た。

”お母さんになる”ことは宇宙が許可してくれたことだと感じています。母親となった人が、感謝のこころを持って自信を持ってゆったりと子育てを楽しんでいけることを祈っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。