スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の食養生 

冬の食養生

冬の養生-1              澤田季里作成
        
冬の食養生

冬は寒の季節です。臓腑との関わりは、「腎」に属します。冬は温かいものを
頂き、腎を養い、精力(生命力)を失わないようにしていきます。

日本では鍋物を頻繁に食べて、からだを温める算段を日々実践していきます。

・精を補うものとして、山芋、自然薯、えび類、を食します。

・日常食の穀類(五穀・雑穀類)をしっかり摂取しましょう。

・秋の取り入れ時に漬け込んだ果実酒、薬草酒などは、冬に多く頂きましょう。

気をつけること

冬の生活は、「早く寝て、ゆっくり起きる」を実行して、からだが冷えないように、気をつけて
生活していきましょう。ゆっくり起きることで、腎を養ってからだの精の消耗を防ぎます。

腎を養うためには、豆類を活用していきましょう!
・食養では小豆と黒豆をよく使います。
昔から使われている商品は、「ヤンノー」です。
小豆を陽性にするために、少し炒ったものを粉にしたものです。20分ほど
よく煮て飲むとからだが楽になります。
冬の食養生

冬は寒の季節です。臓腑との関わりは、「腎」に属します。冬は温かいものを
頂き、腎を養い、精力(生命力)を失わないようにしていきます。

日本では鍋物を頻繁に食べて、からだを温める算段を日々実践していきます。

・精を補うものとして、山芋、自然薯、えび類、を食します。

・日常食の穀類(五穀・雑穀類)をしっかり摂取しましょう。

・秋の取り入れ時に漬け込んだ果実酒、薬草酒などは、冬に多く頂きましょう。

気をつけること

冬の生活は、「早く寝て、ゆっくり起きる」を実行して、からだが冷えないように、気をつけて
生活していきましょう。ゆっくり起きることで、腎を養ってからだの精の消耗を防ぎます。

腎を養うためには、豆類を活用していきましょう!
・食養では小豆と黒豆をよく使います。
昔から使われている商品は、「ヤンノー」です。
小豆を陽性にするために、少し炒ったものを粉にしたものです。20分ほど
よく煮て飲むとからだが楽になります。
→梅醤番

陽寿:
梅と醤油をあわせたものですから、お飲みになるときには
生姜の絞り汁を1~2滴入れると美味しいです。
効能は上の梅醤番茶と同じです。

生姜が入っていませんので、お料理にも使えます。

身近な食べ物による手当て法
生姜湿布


腰湯
婦人病全般、男性の痔疾や、前立腺の疾病にも、大きな効果がある「腰湯」について、

注意事項
くれぐれも、下半身浴にならないように、注意して下さい。
「腰湯」の原理は、腰だけを湯につけて、患部に血液を集めることにあります。
効果がなかなか現れないという人の話を聞くと、浴槽で使用し、下半身浴にな
ってしまっている失敗例が多いです。

大きめのたらいを使って、腰だけ入れて下さい。

毎回およそ20分前後浸かれば良いと思いますが、実施後、赤いショートパン
ツをはいたようなウルトラマン(初代)の模様のように、腰部だけ目に見えて
赤くなっていれば成功です。腰湯に浸けた部分に境界線がついて、肌が桜色に
なります。

大根の干葉は、そのまま煮出せる粗布袋入りのものが、オーサワ、ムソーから
市販されています。煮出すと独特の匂いがします。真っ黒になるくらいまで大
鍋かフカシカンで煮出し、火傷しない程度に適宜さまして使用します。

粗塩を適宜加える場合もあります。

実施中に「冷めてきたな」と感じたら、途中で熱湯を追加します(火傷注意!
やかんを手元に置いておきます。原液を薄めたくないという見地から、なるべ
く熱い湯を使用します)。下半身も脱衣する必要がありませんので、台所で実
施すると便利です。

上半身からも汗がたくさんでますので、タオルを首にかけ、あとは雑誌でも読
みながら、リラックスして実施してください。

一応、即効性ということになっています。子宮検診での異形細胞、筋腫などに
も効果があります。このような場合は、半年とか一年とか辛抱強く毎日継続す
ることが必要です。

里芋湿布

強アルカリの里芋の成分が、腰湯や、生姜シップで、集めた酸化した血液を外に
引き出してくれます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/117-a6059dc6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。