FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里芋(さといも) 

さといも

■エピソード
里芋は、親芋、小芋、孫いもと増え続けるので、子孫繁栄の縁起物として、祝い事の料理に使われている。山で穫れるいも(山芋)に対して里でできる芋を総称して「里芋」と呼ぶ

■原産地
インドからマレー半島にかけてが原産地。タロと呼ばれてタロ芋は現地の主食に用いられている。里芋は田いもと呼ばれるみず芋から改良されて、稲作以前の作付けに用いられた。伝来は古くて中国経由で最古の文献『万葉集』に「宇毛」の名で記載されている。
     
■種類・品種

* 親いものまわりにつく子いものみを利用
o 石川早生
o 土垂(どたれ)

* 親芋だけを用いる
o たけのこいも(京いも)
o 田いも

* 親子双方を用いる
o 八つ頭
o 赤芽
o 唐いも
o セレベス

* 芋は食べずに芋がらだけ用いる
o はすいも
o 白だつ
o 赤ずいき


■主産地・流通

* 8~10月に収穫されて貯蔵されて周年出回っている。
* 旬は10~11月。主産地は九州地方で、宮崎、鹿児島、熊本での生産が多い。
* 関東では千葉、埼玉から出荷している。


■栄養

* 糖質が多く、その成分は澱粉だが、穀類の澱粉と異なり、腸内吸収率が高い。
* たんぱく質、カルシウム、カリウムが多く、皮をむく時の痒みは、シュウ酸カルシウムの針状結晶の刺激によるものである。


■料理法

* 含め煮
* きぬかつぎ 蒸かして塩味で里芋の醍醐味を味わえる
* でんがく 蒸かして味噌をつけて味わう
* 煮物 含め煮をして味をしっかりつけて味わう。他の根菜類との煮物に合う

          
■料理上の注意

* 皮をむく時に塩を手につけるとかゆみが弱まる
* 長時間水につけておくと硬くなるので注意
* かおりが無いので、ゆずや、木の芽でかおりをつけると良い
* 煮る時には皮をむいたら、塩でぬめりを取り去ると味がつきやすい


■手当て法

* 芋パスター
o 里芋の成分は強アルカリなので、すりおろしてから小麦粉、生姜のすりおろしを混ぜて打ち身の患部に貼る。
o 酸化した血液を吸い出すことで、気血の流れを促し、痛みや炎症を取り去る。
o また 内臓の炎症を取り去る事もできるので、子宮の炎症を取り去るので生姜湿布と合わせて用いると効果がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/18-606584fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。