FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にんじん 

にんじん

■原産地
アフガニスタンのヒマラヤ山脈とヒンズークシ山脈の合流する山麓地帯に野生種が見られる。10世紀ころ、中近東に伝わり、東西に広がった。東洋系人参は13世紀に中国に伝わり、華北を中心に分化し、16世紀に日本に伝わって根付いた。

■種類、品種
西洋系・短根、橙色。甘味もカロテンも豊富。初夏から秋が収穫期。
三寸、四寸、五寸、ナンテス、ベビーキャロット

東洋系・長根、赤色が主色、一般に質は緻密でやわらかく、人参臭が少ない。
昭和30年頃から激減してしまった。
大長人参、金時、雪下人参

■主産地
全国各地で栽培されている。気候に応じて季節に合った品種を栽培。
冬場は船橋市、習志野市、埼玉県の大里、茨城など都市近郊で栽培されている

■栄養
カロテン(体内で分解しやすい)が特に多く、ビタミンB1、B2、Cが多い。
糖質は蔗糖が主体で、整腸作用があって、鉄分も多いので貧血症や病後の回復期に良い

■料理法
和、洋、中のいずれの料理法にも幅広く用いられる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/19-7ed67a90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。