FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごぼう 

ごぼう

■原産地
ヨーロッパ北部、シベリア、中国東北部。日本には中国より薬用として伝わり、平安時代から食用として栽培される。
歴史・江戸時代には重要な野菜の一つとして、東北から九州まで広く分布し、調理法も記録されている。野菜として食用にするのは日本だけで、中国では現在も薬用として利用されている。

■種類・品種
大きく分けて滝野川群、中が空洞の大浦群、葉牛蒡の白茎群に分かれる。滝野川群が主流になっている。
大浦群は、短太型で、直径が7~8cmと太く、やわらかい。
芯が空洞の千葉の大浦・京都の堀川が有名。
葉牛蒡・若いうちに収穫して葉と茎を食べるもの、香りと食感を楽しむ

■山牛蒡
牛蒡とは品種が異なるもの、ごぼうあざみとも言う。
旬・6~7月が旬で、近年は4~5月に九州産の早だし新牛蒡が出ている

■主産地
茨城がトップ、千葉、埼玉、群馬の4県が主流

■栄養
Caと食物繊維が多い。食物繊維は腸の働きを活発にし、大腸がんや動脈硬化を予防します。牛蒡の糖分はイヌリンといい、体内でブドウ糖に変わらないので糖尿病の人に良い。

■料理法
きんぴら・たたき牛蒡・煮物、揚げ物、や旨味の濃い魚や肉と合わせて妙味を発揮する。
近年はスナック菓子にしたり、茹でてサラダにしたり、利用度は高い食材として利用される
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/20-7a1f7707

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。