スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷えの症状の具体的な進行 

身体を温める
・冷えを敏感に感じるのはいいからだ
 冷えが原因の症状には、からだの部分を見る西洋医学は無力です。
 西洋医学では「冷え症」は病気ではないと見ています。

 東洋医学の「いいからだ」 の健康感は「いつも動いているからだ」が いいからだです。

*からだの異常に関してすぐ反応する
 ・ふーつと息を吐くと緊張がほぐれる
  摂生:外出を控える
 ・冷えるとだるくなる
  すぐあたためる
 ・食べ過ぎると吐いたりくだしたりする
  食事を控える

*冷えの予防法
冷えは冬になってから気をつけるのではなく、夏にたまった冷えが冬になってから、たたるのだと思ってください。

*冷えは女性の場合は臓器を冷やすことで不調になっていく
冷えは加算されて、徐々に症状が悪化していきます。まず冷えに敏感な弱い臓器は単細胞があり、細胞の原種である卵子は、影響を受けやすいです。
・子宮(生殖機能)
・卵巣(生殖機能)
・腎臓(循環機能)
*大きな原因
四季が乱れて春夏秋冬が無くなってきている、気候だけでなく食べ物にも四季が、一日の流れをつくり、週、月、年を作り出し、若い頃から、壮年、老年への順調な流れを作っています。

現代生活はテンポが速く、気温差が激しいので、汗をかいて体温管理をする自律神経の機能がついていけません。体温をキープして、体内の精巧な化学反応を助ける
温度管理をしていく恒常性(ホメオパシー)を失っています。

・ホルモン分泌異常を起こし、塩気を取らない現代人の血液は薄くなっていて自律神経の働きを弱めています。

・暑がり屋さんが危険
暑くてがまんできずに、ぎんぎんに冷えた氷を多食してなおのこと、体表と体内の温度差を増していき、体調が崩れていきます。

*からだを温める方法
筋肉の中に温度管理をする能力があるので、筋肉を徐々に動かしていく工夫をしていく。軽いジョギングや散歩、ストレッチ、ヨガ、ラジオ体操などで筋肉を動かしていく。特に下半身を鍛えていく。

*からだを温める飲みものを継続的に飲んでいく
・黒陽茶
・梅醤番茶
・本くず入りの飲みもの

*からだを温める食事をしていく
・根菜類を夏でも摂取していく
・穀類をしっかり摂取する
・塩気をきちんと摂取していく
・発酵食品を常時摂取していく
・動物性の食べものを食べたら、毒消し(酵素の多い野菜類)を合わせて食べていく

病気は一気に歳を重ねることになり、老化現象を加速させていきます。

*運動をしっかりする
・ストレッチ
・軽いジョギング
・散歩

*精神を強くしていく
死生観を学び、今を生き抜く覚悟をかためていく日常的な修行を積み重ねていくことが、望まれます。
・感謝のこころ、言葉「ありがとう」を口にして生活する
・笑いのある生活作り
・歌を歌っていく
・やりがいのある仕事を持つ
・他者に喜んでもらうことを無理せず行う
ライフスタイルから冷えを治す

*自分の過去に受けたマイナスイメージと積極的に向き合い、トラウマにならないように処理していく

・レスキューの時に対応するために、レメディーやフラワーエッセンスで対応
・パニック症候群を乗り越える
・正しい健康対策を理解し、身につけていく
・脳細胞に正しい情報を植えつけていくために、情報をキャッチしていく努力をおしまないこと
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/24-dfb10d94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。