FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルに暮らそう 

最近の食文化に大きな影響がでてきました。ヨーロッパで猛威を振るう“狂牛病、羊蹄疫”が、日本国土にも大きな影響を及ぼしてきました。肉市場に品薄状態となってきて、学校給食はじめ、ファーストフード、ファーストキッチンにも大きな影響が出てきています。

この事件が正食のコンセプトを、もう少し一般化していくための、強い見方となっていってもらいたいものです。

1979年に当時日体大の教授であった正木健雄を中心に、子どもの身体の実態調査が行われ、“警告!!子どもの身体が蝕まれている”が発刊され、さらにNHKに“子どもの身体プロジェクトチーム”が生まれ、子どもの身体についての問題提起を行ってきました。

あれから30年以上経ちましたが、子どもをとりまく環境の事態は、改善されるどころか、様々な社会現象を起こし、世間を騒がせている状況です。

生活をして行く中で、いのちに直結している“食文化を見直す”立場から気を付けていく事などを、日常食の改善に求めてみたいと思っております。

健康を創り出すためには、先ず“ご飯と味噌汁にお漬物”を目標に、身土不二、旬を大切に、主食(穀物)を多く食べましょう、を強調して行きたいと思います。

信じられる食材、身体に良い食材が手に入れば、調理は出来るだけシンプルにする事が出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/25-a940bd22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。