スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳腺症の手当て 

「乳腺症」から母乳をあきらめるお母さんが少なくありません。母乳育児を続けるために、知っておきたい知識と手当てをご紹介します。



赤ちゃんのウンチで兆候をキャッチ

乳腺症の症状というのは、急に乳房が堅くなって、赤ちゃんが乳頭を口に含んで吸啜(きゅうてつ)すると飛び上がるほど痛みが走ったりします。 産婦の排便が悪く便秘がちで、赤ちゃんの便の色が緑色になっていることが多いようです。一晩で39度以上の熱が出ますので、急性の場合は早く手を打っていくことが必要です。

ご主人あるいは、実家のお母さんなど大人に吸ってもらってはやく冷たいおっぱいを体外に出してください。腸内常在菌を自分流で作り上げていますから、決して甘く見ないでください。



産後の食事、ここをチェック

赤ちゃんがむずかって泣いているとき、「お腹が空いている」「母乳が不足している」と誤解して粉ミルクを足してしまっていませんか。実は、赤ちゃんが緑色の便を出す大きな理由がここにあります。

夜泣きしたり、むずがって不快感を表しているあかちゃんの訴えをぜひ見逃さないようにしてください。

一方で、お母さん方の身体にも変化が起こっています。食事の欧米化で、右側の乳房に溜まっている動物性のたんぱく質や、脂肪が乳腺をふさいでいることが多く見られます。

独身時代から、例えば、砂糖入りの甘いお菓子、菓子パン、パン食を常食している方が妊娠・出産をされると、産後間もなくこうした「母乳が溜まる」といった体験をされているようです。溜まった母乳がうまく出てこないことから、乳腺症を発症しやすくなってしまいます。
●赤ちゃんや妊産婦のママにおすすめします

美味しい湧水があちこちで湧き出している自然を大切にしていくには人生のはじめを生きていく赤ちゃんに、まず良い水を飲んでもらって、からだに美味しい水の記憶をとどめていって欲しいものです。

子育て中のお母さんに、天恵水のお水を飲んでもらってさらさら血液で母乳を出してもらいたいと熱く思っています。

母乳の出方が変わった

先日一通のFAXが届きました。今年1月に生まれた赤ちゃんを母乳で育てている友人からです。最初は右側の乳腺がつまってしまい母乳マッサージや、里芋湿布をして、乳腺炎にならないようにしていました。 そこに天恵水が20リットル送られてきて、飲み始めたところ、母乳が良く出るようになって、お手当てがなくてもすむようになりました。 1ヶ月で使い切ってしまいますから、定期的に送って頂くように申込みをしました。

おっぱいはお母さんの情報を、そして、水は地球の情報を取り入れていく素晴らしい飲み物です。自然の生水が含有しているミネラルが大きな働きをしてくれます。

天恵水
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/72-d98a5577

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。