スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害のふせぎ方 

更年期は出産しなかった女性には、強い症状が出ることがあります。



肥りすぎを防ぐ(痩せすぎはもっと危険)

更年期から、高年期に入ると代謝機能が低下して肥満になる人が多いです。肥満は心臓に負担をかけるだけでなく、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの成人病を引き起こすもとになるので注意が必要です。日常生活が快調であれば、痩せていても肥っていてもOKです。特に、糖尿病は更年期の上半身の肥満からはじまると言われています。体内に蓄積された脂肪の量が標準より多い状態を言います。体脂肪の測定をして、肥満を防いでください。

更年期以降に増える婦人科系の病気

更年期は成熟期と高年期(60歳以上)の過渡期にあたり女性ホルモンの補給や、漢方薬の投与で治療することもできます。子宮ガン、乳癌、子宮筋腫、など不正出血がある場合は、早期に医師の診断を受けたほうが安心です。

若い女性が更年期障害に似た症状を訴えています。

子どもや若い女性の「やせたい願望」が弊害を及ぼしています。現在の40歳までの日本人の栄養摂取量は、男性15~19歳が最も所要量を満たしていません。女性は20~29歳が最も所要量を満たしていません。女性は20代のやせが多く、男女共に中高生は所要量をみたしていません。この数字が物語っている問題点は、若い女性の生殖機能の低下です。しかし、女子中学生の80%がやせたい願望を持っていて、小学校4~5年生でも40%がやせたい願望を持っています。ではこのような異常なやせは女性の身体にどのような影響を与えていくのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sawadakiri.blog24.fc2.com/tb.php/83-6c905c6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。